人は本来は善人の可能性



性善説と性悪説にに関して昔からいろいろと言われている。

成人になると様々なしがらみ等から変わりつつあると言う事は
わかる。

では、生まれた時にはどうなのか?

Baby

実験の結果から言うと、人は生まれた時には善人である可能性が
高いとわかった。

どうやら、成長の過程で悪人の部分が増加していくようだ。

やはり現在の世の中の仕組みが善人では生存に適さない部分が多いと言う事だろう。
その為、生きて行くために悪人の部分が必要となるのではと思う。

―――――――――――――――――――――――――――――――

「人は本来は善人の可能性」の実験結果

赤ちゃんに図形を使っていじめの様子を見せたところ、
赤ちゃんはいじめられた側に関心を示すとする実験結果を
京都大学の研究グループが明らかにしました。

グループでは「赤ちゃんが弱い立場の側に同情的な態度を
示した結果で、人は本来、善人である可能性を示唆している」と
しています。

これは、京都大学大学院の鹿子木康弘特定助教らの
研究グループが発表したものです。

研究グループは、ある図形が別の図形を攻撃していじめている
様子をアニメ-ションで描き、生後10か月の赤ちゃん
20人に見せました。

このあと、赤ちゃんにアニメーションと同じ図形を
選ばせたところ、80%に当たる16人がいじめられた側の
図形を選んだということです。

研究グループでは、弱く苦しい立場の側に同情的な態度を
示した結果と解釈できるとしています。

グループでは、大人を対象に同じような実験を進めていて、
大人ではいじめられた側に同情する割合が少なくなる傾向が
あるということで、鹿子木特定助教は
「人は本来は善人である可能性を示唆している」と
話しています。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告