政府専用機、19年度に後継導入 2機体制は維持する模様。



政府専用機が退役となる為、新しい機体に変更するらしい

新しい機体はボーイング777に決まる公算が高い。

しかし、燃費や維持コストなどを考えると、787の方が
良いと思うのだが、

なぜなら、最新機種なら燃費や維持コストが良く
退役までの時間があるので、

導入費用のスパンが長くなるのではないだろうか?

jp_g

―――――――――――――――――――――――――――――――

政府専用機、19年度に後継導入 2機体制は維持する模様。

政府は7日、政府専用機として現在使用している
ボーイング747―400型機2機を2018年度で退役させ、
19年度に後継機の運航を開始することを決めた。

現行の2機体制は維持する。防衛、国土交通など関係省庁が
年内を目指して機種の選定を急いでおり、燃費の良い
大型機ボーイング777型機を軸に調整が進む見通しだ。

同日の政府専用機検討委員会(委員長・杉田和博官房副長官)で、
こうしたスケジュールを含む対応方針を決めた。

方針は後継機の条件として、
(1)米東海岸へ直行可能(2)貴賓室、執務室、秘匿通信機器、
随行員・乗務員の座席を確保できる
(3)将来にわたって国内で民間航空会社などによる整備体制が
確保可能―を挙げた。

民間資金を活用したPFI方式による調達も検討する。

政府専用機は皇室や首相の外国訪問が主な用途で、
海外在留邦人の避難に使われたこともある。

航空自衛隊が保有し、整備は日本航空に委託してきたが、
日航が747型機を10年度で全て退役させたことに伴い、
19年度以降の整備の見込みが立たなくなっていた。

政府は後継機導入に向けた関連経費を14年度予算案に
盛り込む方針だ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告