京都府立医大が解明 遺伝子がメタボ促進に関与!? | 今まで知らなかった、知っておいた方がいい真実

京都府立医大が解明 遺伝子がメタボ促進に関与!? 



肥満のメカニズム解明にまた一つ解明された。

今回、特定の遺伝子が肥満を促進する動きが見つかり、
その動きを抑止できれば肥満解消になると言う事だ。

日本では肥満に敏感な人たちが増えており
ッこの様な技術がもてはやされる事は間違いない。

しかし、今一度考えて欲しい。
その様な方々は、例え肥満が解消されても、生活習慣を
ちゃんと修正しなければまた肥満になるだけだ。

この技術が製品になる前に生活習慣を改善されるのが良いだろう、
そうすれば、製品化される前に肥満は解消されているはずだ。

onaka




―――――――――――――――――――――――――――――――

京都府立医大が解明 遺伝子がメタボ促進に関与!?

京都府立医大の池田宏二助教(循環器内科)らのグループは、
特定の遺伝子に肥満を促進する働きがあることを明らかにしたと
発表した。

この働きを抑えることで、肥満やメタボリック症候群の
治療につながる可能性があるという。

英科学誌「ネイチャーコミュニケーションズ」電子版に
11日、掲載された。

池田助教らは、血管の細胞を死なせるなどの性質を持つ
遺伝子「ARIA」が働かないようにしたマウス24匹を
使って実験。

脂肪分を多く含むエサを与えて通常のマウス35匹と
比較したところ、ARIAが働かないマウスでは体重の
増加が少なかった。

実験開始から14週後では、通常のマウスに比べて脂肪組織の
重さが3分の1程度だったという。

ARIAが働かないマウスは脂肪組織で新しい血管が
作られやすく、脂肪の燃焼が促進されるため蓄積しにくいと
考えられる。

池田助教は人間も同様の仕組みを持っているとみており、
「大昔はARIAが無駄なエネルギー消費を抑えて脂肪を
ため込む機能を担っていたとみられるが、現代の人間にとっては
肥満を加速させる要素となっている」と説明。

「ARIAの働きを妨げる薬剤が開発されれば
メタボリック症候群などの治療に役立つだろう」としている。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告