ドコモ悲願の「iPhone 5s」販売したが… 売れ行きはSB、auに大負け



ドコモのiPhoneの販売が振るわないらしい。

以前取り上げたが、既に遅すぎた事と
準備の整わない状況でのリリースの弊害であろう。

ギリギリまで発表しなかったので、オファーも弱く
顧客がドコモのiPhoneを選択する必要性を
訴えられなかった事が大きい。
まぁ、マーケティングのミスである事は間違いない。

次のチャンスをつかむつもりならば、しっかりと
お客様に対して自社の優位性を届けるべきであろう。

dokomo




―――――――――――――――――――――――

ドコモ悲願の「iPhone 5s」販売したが… 売れ行きはSB、auに大負け

米アップルの新型スマートフォン
「iPhone 5s」「iPhone 5c」が2013年9月20日に
発売された。

今回初めてドコモが参入し、au、ソフトバンクの
三つ巴の戦いを迎えたわけだが、ドコモが販売台数で
他の2社から大きく後れを取っているという。

ドコモは2年前から携帯電話の契約者数を
大幅に落としていて、その原因の一つが「iPhone」を
扱っていないせいだとされてきた。

ネットでは「ドコモが爆死。iPhoneないから
一人負けとはなんだったの?」などと
取り沙汰されている。

ドコモの販売実績順位が6位と7位になっている

マーケティング会社BCNが13年9月24日に発表した
携帯電話の週間売れ筋ランキング(13年9月16日~22日)
によれば、ベストテンの9位までが「iPhone」になっていて、
1位2位がソフトバンクの「iPhone 5s 32GB」「同64GB」、
3位4位がauの「iPhone 5 16GB」「iPhone 5s 32GB」、
5位はソフトバンクの「iPhone 5 16GB」と続く。

ドコモは6位7位に「iPhone 5s 64GB」「同 32GB」で
登場する。8位がソフトバンクの「iPhone 5s 16GB」で
9位がauの「iPhone 5s 64GB」だ。

この調査は全国の量販店の実売データを集計している。

ネットではこの結果を見て、

「だからドコモが一人負けなのはiPhoneの有無が
原因ではないと何度言えば分かるのか?」

などといった意見が出ていて、

「ドコモの地方の店の店員はiPhoneの説明を
うまくできないからだろ」

「iPhone欲しくて他社を選んだ人はすぐに
ドコモに戻れない。2年くらいかかる」

などと分析する人もいる。
.

「勝負はこれから」との見方も

BCNに話を聞いてみるとこの携帯電話販売台数の
ランキングは量販店のデータであり
各キャリアショップでの販売台数は含まれていないが、
ドコモのスタートダッシュが鈍っているとするならば、
他の2社と比べサービスを整える前に販売していることが
原因で、ドコモのiPhoneが欲しい人たちは様子見を
しているのではないか、と考えている。

例えばドコモのiPhoneは、これまでドコモのiモード、
spモードで利用していたメールアドレスが13年10月1日まで
利用できないし、旧端末からiPhoneへのメールデータの
移行は不可となっている。

また、ドコモの代名詞ともいえる「おサイフケータイ」が
搭載される時期は未定など様々なことがある。

ただし今後、こうしたことは整備が進められるため、
これからもドコモが競合2社の後塵を拝することに
なるのかはわからないとしている。

アップルの新型「iPhone」の売上自体は絶好調のようで、
米アップル社は「iPhone 5s」「iPhone 5c」を合わせ
全世界で、900万台を発売3日間で販売したと発表した。

発売3日間実績は「iPhone 4S」 が400万台、
「iPhone 5」は500万台だったことから凄まじい
勢いで伸ばしていることがわかる。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告